こちらはもともとガレージでした。
2×4建築で、耐力壁への加工について条件がもろもろある中、隣接するリビングとガレージを分ける壁を開口しました。(当然ながら、開口部は補強材により、補強しました。)
ガレージ入口は、固定遮音壁とし、外部に接する面は外壁通気工法を採用しました。

(もともとのガレージ写真)



ダイニングから防音室へ入る入口の落差をステップで解消!!
パイン材を使用し、ナチュラルでかわいらしいステップを作りました。



天井の段差は上階小廻りの排管によるものです。しかし、実は天井の形状などは複雑化した方が音の反射経路が複雑となり、室内音響的には有利になる場合がほとんどです。



娘さんがご使用されたる防音室。ピンクを基調とした内装となり、ガーリーな感じがとてもかわいらしく仕上がりました。

防音室、防音工事の昭和音響