”やまと”を伝える大和古流家、また数多くの和楽器を演奏される友常毘山様のレコーディングスタジオです。
古民家にあるお宅の和室2部屋をスタジオとして造らせて頂きました。

友常様の古民家は自然が豊かな山の中にあり、日中夜間ともに大変静かな環境です。
住宅が密集している都市部とは環境が異なり、遮音性は必要ないであろうと思われがちですが、暗騒音が大変静かなため、近隣への配慮は必要です。(特に夜間の演奏)
また伝統的な木造建築である為、近年の木造住宅と比べ多く遮音補強した上で、スタジオを造りました。

友常様のご要望を伺い、また演奏する楽器、音場から最適な室内音響を考察して、部屋の形や高さ、仕上げ材、電気設備などをご提案しました。


友常毘山様 プロフィール
幼少より代々受け継がれてきた家伝の弓術、剣術、茶の湯、香、 法螺貝の手ほどきを父より受ける。
2005年 千葉大学文学部史学科卒業。
2009年 東京藝術大学音楽学部邦楽科尺八専攻卒業。
2011年 都山流師範試験首席登第。
2013年 ハバロフスク、 サンクトペテルブルグにて日露文化交流演奏を務める。
2014年 北京にて音楽学院同士による日中交流演奏を務める。
都山流本曲コンクール全国大会にて入賞。
2015年 ベルリンにて 大使館主催の日独交流演奏を務める。
2017年 デンマークにて日丁国交150周年記念交流演奏を務める。
毎月、古典曲 ( 箏や三絃との合奏 ) と尺八本曲を演奏披露する月例 会を開催。 邦山会会員、和楽器アンサンブル「まほら」メンバー、 和楽団「煌」団員。



●ブース(クリックすると拡大します)



●コントロール・ルーム、古民家外観(クリックすると拡大します)


防音室、防音工事の昭和音響